国際ソロプチミストについて

国際ソロプチミストとは

国際ソロプチミストとは実業界で活躍する女性、専門職に従事する女性の国際的な
ボランティア奉仕団体です。

国際ソロプチミストは1921年、アメリカ、カリフォル二ア州オ-クランドで創設されました。
国連の諮問機関として正式に承認され、123の国と地域に約75,000名が人権と女性の地位を高める奉仕活動をしています。
日本には481クラブ10,000名(2019年8月31日現在)の会員が在籍しています。
日本のクラブは5リジョンに分かれ、近江八幡は日本中央リジョンに属しています。

ソロプチミストいう名称はラテン語のSoror(姉妹)とOptima(最良)から生まれ「女性にとって最良のもの」という意味をこめて考え出された言葉です。

国際ソロプチミスト近江八幡とは

子どもたちの就学支援、子育て支援のつどい等の継続事業を柱としながら地域から世界中の女性と女児のための教育・生活の向上を願い奉仕活動を行っています。
2018年11月には認証30周年を迎えました。

会長挨拶

昨年度は認証30周年の記念すべき式典を行い、これまでの事業を振り返ることができました。地域の皆様に支えられながら継続してきました事業の成果を感じております。
今年度は積み上げてきました事業を大切にしながら、また新たな奉仕活動にも目を向けて行きます。
会員45名が「和」「輪」「」を大切に、支え合い、楽しく心を合わせて奉仕活動に取り組んでいければと考えています。
今後とも、国際ソロプチミスト近江八幡に多大のご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

植村とみ子(2019年度会長)
2019年度会長
植村とみ子

クラブの紹介

  • 創  立    1988年11月16日
  • 会員数   45名(2019年8月31日現在)
  • 例会日   第3火曜日 ホテルニューオウミにて

問い合わせ

事業内容

  • 母と子のための子育て支援のつどいの開催(毎年6月頃)
  • チャリィティイベント、お茶会、バザー、コンサート等の開催(毎年2月頃)
  • 就学支援事業
    学習ボランティア団体「アトラス」活動支援、高校に入学する女子生徒に入学一時金の支援
  • 国際ソロプチミスト甲賀をスポンサー(1994年12月)
  • 近江八幡市立看護専門学校シグマソサエティをスポンサー(1997年9月~現在に至る)
  • 近江兄弟社学園中学校・高等学校Sクラブをスポンサー(1999年3月~現在に至る)

▲ページトップへ