国際ソロプチミストについて

国際ソロプチミストとは

1921年、アメリカカリフォルニア州オークランドで創設された女性の国際的なボランティア団体です

国連の諮問機関として正式に承認され、世界118の国に約70,000名余が人権と女性の地位を高める奉仕活動をしています。
日本には454クラブに8,165名(2022年8月末現在)の会員が所属し活動しています。
日本のクラブは5リジョンに分かれ、近江八幡は日本中央リジョンに属しています。

ソロプチミストいう名称はラテン語のSoror(姉妹)とOptima(最良)から生まれ「女性にとって最良のもの」という意味をこめて考え出された言葉です。

国際ソロプチミスト近江八幡とは

1988年11月16日28名の会員で滋賀県3番目のクラブとして認証されました。
2018年11月には認証30周年を迎えました。
現在47名(2022年10月現在)の会員が、市内就学前保育施設への絵本贈呈や子育て支援や就学支援、
地域や国内外の災害復興支援等、女性や女児の生活向上のための奉仕活動を行っています。

会長挨拶

世界が「アフターコロナ」と言える日を迎えることができるのでしょうか?コロナのみならず悲惨な戦禍、多発する災害、格差社会における教育の歪み等々…。私たちはさまざまな禍(わざわい)と無関係ではいられません。
「ひとりではできない奉仕をソロプチミスト皆の力で」との思いを広げて、特に教育を通して女性と女児の生活向上と地域に向けた奉仕活動を続けることは必ずや希望ある未来に繋がると信じます。
私たちのクラブは「子育て支援の集い」開催、絵本・教育備品寄贈、子どもたちの就学支援等を継続して行っています。会員の和気藹々とした“和”から生まれるこれらの活動もコロナ禍で多少の制限はありますが、小さな一歩でも手を差し伸べられる境遇にあることに感謝しながら奉仕を続けて参りましょう。ご支援をお願い致します。

秋山洋子(2022年度会長)
2022年度会長
秋山洋子

クラブの紹介

  • 創  立    1988年11月16日
  • 会員数   47名(2022年10月現在)
  • 例会日   第3火曜日 ホテルニューオウミにて

問い合わせ

事業内容

  • 母と子のための子育て支援のつどいの開催(毎年6月頃)
  • 地域の幼稚園、保育園等(就学前施設)に絵本の贈呈
  • チャリィティイベント、お茶会、バザー、コンサート等の開催(毎年2月頃)
  • 就学支援事業
    学習ボランティア団体「アトラス」活動支援、高校に入学する女子生徒に入学一時金の支援
  • 国際ソロプチミスト甲賀をスポンサー(1994年12月)
  • 滋賀県立八幡高等学校 社会福祉部Sクラブをスポンサー

▲ページトップへ