国際ソロプチミストについて

国際ソロプチミストとは

国際ソロプチミストとは実業界で活躍する女性、専門職に従事する女性の国際的な
ボランティア奉仕団体です。

国際ソロプチミストは1921年、アメリカ、カリフォル二ア州オ-クランドで創設されました。
国連の諮問機関として正式に承認され、122の国と地域に約75,000名が人権と女性の地位を高める奉仕活動をしています。
日本には492クラブ10,325名(2018年8月31日現在)の会員が在籍しています。
日本のクラブは5リジョンに分かれ、近江八幡は日本中央リジョンに属しています。

ソロプチミストいう名称はラテン語のSoror(姉妹)とOptima(最良)から生まれ「女性にとって最良のもの」という意味をこめて考え出された言葉です。

国際ソロプチミスト近江八幡とは

子どもたちの就学支援、子育て支援のつどい等の継続事業を柱としながら地域から世界中の女性と女児のための教育・生活の向上を願い奉仕活動を行っています。
2018年11月には認証30周年を迎えます。

会長挨拶

新しい年度になりました。
今期、私共クラブは創立30周年目を迎え、その記念の式典を11月22日(木)に執り行う事となり、44名の会員皆がその準備に大忙しの日々を送っています。
幾つもの継続事業、そして30年目を記念する単独の事業、それらは多岐に渡りますが44名の会員が皆、互いを認め合い心を寄せ合いながら、厚い友情の心を支えに、地域や国際に向けて女性と女児の生活の向上を目指し、ひたすら奉仕の日々を送っています。
そして、創立記念日を過ぎましたら、いよいよ次なる40周年を迎える第一歩としての歩みを始めます。今後とも国際ソロプチミスト近江八幡に多大の御支援を賜りますよう心よりお願い申し上げ、今期のご挨拶と致します。

川端和子(2018年度会長)
2018年度会長
川端和子

クラブの紹介

  • 創  立    1988年11月16日
  • 会員数   44名(2018年11月現在)
  • 例会日   第3火曜日 ホテルニューオウミにて

問い合わせ

事業内容

  • 母と子のための子育て支援のつどいの開催(毎年6月頃)
  • チャリィティイベント、お茶会、バザー、コンサート等の開催(毎年2月頃)
  • 就学支援事業
    学習ボランティア団体「アトラス」活動支援、高校に入学する女子生徒に入学一時金の支援
  • 国際ソロプチミスト甲賀をスポンサー(1994年12月)
  • 近江八幡市立看護専門学校シグマソサエティをスポンサー(1997年9月~現在に至る)
  • 近江兄弟社学園中学校・高等学校Sクラブをスポンサー(1999年3月~現在に至る)

▲ページトップへ